(もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)
木造薬師如来立像(本堂安置)
国・重要文化財(彫刻)

【詳細】
名称 木造薬師如来立像(本堂安置)
フリガナ もくぞうやくしにょらいりゅうぞう
員数 1躯
所在の住所 福岡市中央区大濠公園1?6
所在の場所 福岡市美術館
指定年月日 明治37年2月18日
追加等指定年月日  
制作年代 平安後期
作者  
備考  


【説明】
 東光院は奈良時代に創建されたと伝える古寺であるが、室町期・江戸期に宗旨を改めたりして来た存亡はなはだしい寺であり、近年廃寺となり、寺宝はすべて福岡市美術館におさめられている。当時の本尊であったのが薬師如来立像である。 桧材の寄木造で、頭体部が共木で両耳の後で縦に割矧ぎをしている。内刳をほどこし頸部で頭体部を矧ぎ、又両肩先で両臂をついでいる。両手先・薬壷・両足先・光背・台座等は後捕された。 右手は屈臂して胸前にあげ、左手は垂下し薬壷を持っている。頭部は大ぶりな肉髻をもち、彫眼・環状の耳朶で、顔面に美しい木目がみられる。衣は偏袒右肩であるが、通肩に似ている。おおらかな顔で、なだらかに肩は大きく横に広がり、正面観は量感を感じさせる印象をうけるが、奥は想像されるより薄い。像高199cmの堂々たるものであるが、衣文の表現等は浅く、典型的な平安時代末期の造りをしている。現在、近代的設備を持つ、福岡市美術館の一角に他の仏像群と共に安置されている。