(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)
木造十一面観音立像
国・重要文化財(彫刻)

【詳細】
名称 木造十一面観音立像
フリガナ もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう
員数 1躯
所在の住所 鞍手郡鞍手町大字長谷552
所在の場所 長谷寺
指定年月日 明治37年2月18日
追加等指定年月日  
制作年代 平安前期
作者  
備考  


【説明】
 頭の上に10又は11箇の小面をのせる十一面観音は、現世利益と浄土往生を願う人達によって、古くから信仰の対象になってきた。奈良時代は勿論、平安時代に密教が盛んになると共に、一層強くなっていった。特に大和長谷寺の初瀬詣り等に影響を受け、全国に観音信仰が広がるが、当像も大和の長谷寺旧像を模刻したものと伝えている。 現在、観音堂の本尊として堂に続く収蔵庫に安置されており、像高187cmのクスノキ材一木造の立像である。頭部には化仏10面をほぞで差し込み、花形文を三方につけた天冠をかぶり、髪は肩に長く垂れている。面長な顔は、伏目で切れ上がった彫眼、くの字に連なる両眉、鼻筋高く小鼻は張って独特の厳しさを感じさせる。肩から流れる条帛は細くしまった腰部をつつみ、天衣はふくらみを持って垂下している。下半身をつつむ裳は、折り返し部に巻葉渦文・漣波状に流れる衣文等、平安期独特の様式も見られる。両手首先からと、肉身・衣文の彩色は後補といわれるが、一木造特有の重量感あふれる像と違和感はない。高さ21cmの蓮肉も同材で造り、又、クスノキの一枚板の挙身光背には彩色で八葉花文や雲気文を描く、珍しい板光背である。