(きんいん)
金印 印文「漢委奴国王」 福岡県糟屋郡志賀島村出土
国・国宝(考古資料)

【詳細】
名称 金印 印文「漢委奴国王」 福岡県糟屋郡志賀島村出土
フリガナ きんいん
員数 1顆
所在の住所 福岡市早良区百道浜3?1?1
所在の場所 福岡市博物館
指定年月日 昭和6年12月14日
追加等指定年月日 昭和29年3月20日(国宝指定)
制作年代 後漢
作者  
備考


【説明】
 『漢委奴國王』と刻まれた金製鋳造のこの印は、1784年(天明4)2月23日、筑前国那珂郡志賀村叶ノ崎(福岡市東区志賀島)で農夫甚兵衛によって田の溝の修理中大石の下から発見された。金印の印面には、漢隷で「漢/委奴/國王」の3行5字の文字がほられている。つまみは蛇がとぐろを巻いた形の蛇鈕で、鈕孔が貫かれている。 総高2.236?を測り、印台の高さは平均0.887?、蛇鈕の長さ2.142?、幅1.274?、高さ1.312?。質量は108.729g。印面の一辺は平均値が2.347?で、後漢初の一寸にあたる。この金印を最初に鑑定し、考証した亀井南冥は『金印辨』を著し、金印を疑いなく本物と断定し、銘文を、「漢委奴国王」と解読した。それを『後漢書』東夷伝の条、「建武中元2年、倭奴国奉貢朝賀、使人自称大夫、倭国之極南界。以印綬。」の記事と関連させそのころのものと推定した。銘文の「委奴国」については諸説があったが三宅米吉は1892年(明治25)の論文で「ワノナノクニ」と解釈し、「奴国」を現在の福岡地方にあてた。金印が出土した「叶ノ崎」の位置については、中山平次郎によって志賀島東南部に比定され記念碑が建てられている。