文化財は、我が国の長い歴史のなかで生まれ、育まれ、今日まで守り伝えられてきた貴重な国民の財産です。  一般に社寺などの建造物、仏像、絵画や書画などの形のあるものがまず思い浮かびますが、そのほか芸能や工芸技術のような「技(わざ)」、伝統的行事や祭り、あるいは長い歴史を経て今に残る自然の景観なども文化財に含まれます。  文化財保護法では、これらの文化財を、次のように分類しています。
建造物
美術工芸品(絵画、彫刻、工芸品、書跡、古文書、歴史資料など)
演劇、音楽、工芸技術など 有形の民俗文化財(無形の民俗文化財に用いられる衣服、器具、家屋など)
無形の民俗文化財(衣食住・信仰・年中行事などに関する風俗習慣、民俗芸能)
遺跡(貝塚、古墳、城跡、旧宅など)
名勝地(庭園、峡谷、海浜、山岳など)
動物、植物、地質鉱物
宿場町、城下町、農漁村など 土地に埋蔵されている文化財

これらの文化財のうち、重要なものを国、県、市町村が指定、選定・登録し、重点的に保護しています。  そのほか、土地に埋蔵されている文化財(埋蔵文化財)、文化財の保存・修理に必要な伝統的技術・技能(文化財保存技術)も、保護の対象とされています。


本サイトに関するお問い合わせは kbunkazai@pref.fukuoka.lg.jp まで