事業報告
平成28年度
ウインターアクティブ楽習塾     
 期 日  A日程:平成29年2月 4日(土)〜 5日(日)
       B日程:平成29年2月11日(土)〜12日(日)
       C日程:平成29年2月18日(土)〜19日(日)
 参加者  A日程:60名
       B日程:62名
       C日程:48名
 事業目的
 異年齢集団による冬の体験活動等を通して、「生きる力」や「心の豊かさ」を育み、共に学び協働していく意識を高める。
 本年度は、1日目がセンターでの体験活動、2日目がサンビレッジ茜へ行ってスキー体験を計画しました。A日程は雨天、B日程は雪、C日程は晴天となり、三日程三様のスキー体験となりましたが、予定通りの活動が行われ、子どもたちは楽しく協力して活動していました。
 
 1日目 ウインターアクティブチャレンジ(室内大運動会)
  ウインターアクティブチャレンジ!(室内大運動会)では、「オセロ」「缶立っちゃブル」「スポーツ雪合戦」「長縄跳び」「ジャイアントシーソー」「缶取りロード」の6種類の競技を行いました。どの競技でもグループのメンバーと協力して取り組むことができました。

オセロ
缶取りロード
オセロの石をチームでひっくり返して、どちらの色が多いかを競います。 缶を5人でつかみ、そのまま決められた場所まで運び、何個運べるかで競います。

長縄跳び
スポーツ雪合戦
大波小波でチームのみんないっしょに何回跳べるかで競います。 対戦相手のチームとボールのぶつけ合い。
あてられたら負けです。

缶立っちゃブル
ジャイアントシーソー
缶を立てたり、倒したりして、リレー形式で全チーム一斉に勝負します。 全員でシーソーに乗り、バランスをとりながら、何人移動できるかで競います。
 1日目 館内スコアビンゴ
 ビンゴをつくろうと様々な場所に置かれてあるポストカードに書かれた数字を班のシートに記入し、意欲的に活動していました。決められた時間内まで、班のメンバーと協力して、楽しみながら取り組むことができていました。
 
 2日目 スキーへGO!
 サンビレッジ茜へ行きスキーを体験しました。初めはスキー板もうまくつけることができなかった子どもたちも、だんだん上達して多くの子どもたちが滑ることができるようになり、達成感を味わうことができました。
 
 参加者の声
 
 ウィンターアクティブチャレンジ!が面白かったです。1人で活動がちょっとできなかった時、 みんなが手伝ってくれて、優しく「手伝おうか。」と声をかけてもらったので、スムーズに進めら れました。
  今回、他人との交流や協力をもとに楽しむことができて、何よりめあての「人」というキーワ ードを大切に過ごせて、怪我のない楽しい学習でした。この楽習を通していろいろな人と触れ合 うなど、きずなを感じることができました。良かったです。
  知らない人とでも触れ合い、楽しく協力できたのが良かったです。これを生かして、学校や家 でも頑張りたいと思った。友達と協力したりすることで、楽しく、仲良くできることが分かった。

 全体をとおして
 今回は、A、B、C全ての日程で、天候の影響を考慮し、室内プログラム「ウィンターアクティブチャレンジ!」「館内スコアビンゴ」を実施しました。学校や学年の違う子どもたちも活動が進むにつれ仲良くなっていき、協力する場面も多くみられました。また2日目のスキーでは、参加者の多くが滑ることができるようになり、その時の笑顔が印象的でした。 今後も社会教育総合センターの様々な事業へのご参加をお待ちしております。
今後も社会教育総合センターの様々な事業へのご参加をお待ちしております。