屋外活動1 屋外活動2 屋内活動1 屋内活動2
キャンドルの
つどい
マ雨イド
アクアリウム
センターワク
ドキ探検隊
紙飛行機
づくり
凧づくり 砂 絵 プラホビー しおりづくり 七宝焼

 キャンドルの火を囲み、歌や踊りなどの楽しいスタンツを通じて、連帯感や友情を深め、楽しい思い出を作るとともに、研修のまとめや自己を深くみつめることができます。
ブルーシートを出し、キャンドルの燭台を会場の中央にセットします。
燭台にろうそくをセットします。
火の女神や火の守の立ち位置や台詞の順番をリハーサルします。
みんなが見守るなか、女神の入場です。
火の女神より火の守へ分火を行います。
祈りの言葉の朗読を聞きながら火の守によって中央の燭台に点火をしていきます。
キャンドルは燃える
赤々と燃え
まっすぐに燃え
勇気を出せと励ます


キャンドルは燃える
ゆらゆらと燃え
招くように燃え
豊かであれと励ます


人生にはリハーサルがないと教える
私はいつまでも この火を見つめる

キャンドルは燃える
踊るように燃え
舞うように燃え
輪を広げようと励ます


私を支えるキャンドルの火は 
いつまでも闇を照らし 
今が本番だと教える
所要時間 約2時間
活動プログラムを印刷する
 
活動場所
プレイホール  80名程度
講堂 100名程度
体育館 200名程度
準備するもの
利用団体 [売店にて購入]ロウソク60号(2本入)(購入する場合は午後7時までに)

・交歓の集いで必要な物 ・ライター(orマッチ)
センター  ・燭台 ・ロウソク(60号) ・ロウソク受け ・CDラジカセ ・マイク ・衣装
活動上の留意点 ・センターで準備するロウソクは、燭台・女神・火の守用のみです。 その他に必要なロウソクは各団体で準備してください。
・ロウソク受けは、1団体10個まで貸し出せます。
・準備時間を30分程度確保しておいてください。
役割分担
展開例
キャンドルのつどい資料