↑HOME
屋外活動1 屋外活動2 屋内活動1 屋内活動2
 きずなの森 キャンプ
ファイヤー
オリエン
テーリング
スコア
ビンゴ
薬草ビンゴ  トータルスコア
5・5・GO!
フォトラリー ウォーク
ラリー
ささぐり
さぐり
登 山 樹芸の森
ハイキング
 ナイト
ハイク

 チームによる6つの課題解決型のゲームを通して、主体性や協調性・社会性、思いやりの心等を育み、チーム内のつながり(団結力、協働)をより強いものにすることをねらいとした活動。これらの活動を通して、チャレンジ精神や困難に立ち向かう心を伸ばします。
 ※「鍛ほめ福岡メソッド」を推進する絆づくり体験活動プログラム
各アクティビティの名称をクリックすると、詳細資料(PDF)が表示されます。 
プログラム名 活動内容詳細 活動時間
ブラインドスクエア 15mのロープを全員が目隠しをした状態で持ち、設定された図形(正方形や正三角形等)づくりに挑戦する。5分間の作戦タイムの中で、役割分担や実施方法等の共通理解を図っておくことが重要である。 ・説明…5分
・作戦タイム…5分
・実施時間…7分
ルパン二世 全員に配布されるヒントカードをもとに、時限爆弾が隠されている地図と小屋のカギを探し出し、制限時間内に時限爆弾を撤去する。
リーダーがヒントカードをとりまとめ、的確に指示を出せるかどうかが成功のカギとなる。
・説明…5分 
・実施時間…12分
アイランド 長短2枚の板を使って、島から島へ渡っていくゲーム。2枚の板は地面(海)に着けることはできない。途中で失敗すればやり直し。
英知の結集と橋を渡る順番が成功を左右する。
・説明…5分 
・実施時間…12分
ステップ 個人に設定された色のステップ(丸太)の上を制限時間以内に渡りきるゲーム。ステップはと難易度(低・中・高)に応じて色分けされている。他者への補助と作戦タイム、色の振り分けが課題解決のカギとなる。 ・説明…5分 
・作戦タイム…3分
・実施時間…9分
バランスウォーク バランスを取りながら、木と木の間に張られている幅5cmのスラックライン上を渡っていくゲーム。強度の緊張感との戦いとなる。補助者の協力とチームの声掛けが欠かせない。 ・説明…5分 
・実施時間…12分
キーワードの迷宮 チームで協力して、迷路の途中に隠されているキーワードを集めながら、設定時間内に迷路を抜け、集めたキーワードをつなげ言葉を探し出すゲーム。チーム全員で協力することが課題解決への早道となる。 ・説明…5分 
・実施時間…12分
  ジャンボシーソー ジャンボシーソーの両端に分かれて立ち、シーソーが地面につかずに入れ替わる。4分間で、何人が入れ替わることができるのか、全員のバランス感覚と声かけが重要となる。 ・説明…5分 
・作戦タイム…3分
・実施時間…4分×2(間1分)
 
活動時間 (団体の活動時間に応じて柔軟に対応可能)
約2.5〜3時間 ※各プログラム20分(移動時間含む)
活動場所
及び集合場所
活動場所:きずなの森
集合場所:たけのこ広場、又はあじさい広場
●実施要項を印刷する
(PDF:130KB)

●参加者用・
振り返りカード(PDF:366KB)

●評価者用・
評価カード(PDF:394KB)
  
活動プログラムを印刷する
 
活動人数及び
 チーム編成
 活動人数:5人〜80人(1団体あたり)
 チーム編成(望ましい人数):6人〜8人  ※最少5人、最大10人
準備するもの
利用団体 筆記用具
センター
ブラインドスクエア ・ストップウオッチ
・ロープ(15m)
・目隠し
ルパン二世 ・ストップウォッチ
・ヒントカード
・カギ及び時限爆弾
アイランド ・ストップウォッチ
・橋となる板(2枚)
ステップ ストップウォッチ
(希望に応じて、金の輪)
※金の輪:ステップにかけるとオールマイティとなる魔法の輪
バランスウォーク ・ストップウォッチ
・スラックライン
キーワードの迷宮 ・ストップウォッチ
・キーワード
ジャンボシーソー ・ストップウォッチ
活動上の留意点 ・@ 事前打ち合わせ及び下見を必須とします。
・A プログラムごとに参加者の取り組みを評価する評価者が必要です。評価者が不足する場合は、
当センター職員が支援いたしますのでご相談ください。