体験活動プログラムを企画する前に!

明確なねらいをもって体験活動にのぞむことが大切です。
そのためにも、社会教育総合センターの職員との事前打ち合わせで
効果的な展開方法(内容・時間配分・グループ編成等)について確認してください。
安全面への配慮は十分に行いましょう。活動中に考えられる危険なことや危険箇所を事前に確認し、対策を練っておきましょう。
また、準備や片づけの時間、活動と活動の合間の時間等を考え、ゆとりのある
プログラムを計画することも大切です。
体験活動ごとに、また研修の全日程終了後に、研修者(子ども)はもちろん指導者も活動の振り返りを行うことが大切です。
そうすることで、研修者は自己の高まりを自覚することができ、指導者はその反省を改善につなげることができます。

 
1泊2日(研修者が50人)の場合
午前 午後
1日目
火おこし体験
調理するための火を自分たちの力でおこすことにより、目的と意欲をもって体験に取り組むことができます。
野外炊飯
火起こしから片付けまでを係分担したりしながら責任をもって主体的に取り組むことにより、協力の大切さや働くことの大変さ、やり遂げた満足感を味わうことができます。
七宝焼
釉薬をのせるなどの細かな作業を行うことにより、根気を養い、やり遂げた満足感を味わうことができます。
2日目
登山(米の山)  
きつくても自分の限界に挑戦することや仲間と励まし合うことをめあてに登山を行わせ、目標を達成することにより、あきらめずに物事に取り組む意欲をもち、その大切さを感じることができます。

2泊3日(研修者が50人)の場合
午前 午後
1日目
センターワクドキたんけん隊
グループで館内を回りながらクイズに挑戦することにより、仲間と協力して問題を解決する楽しさを味わうことができます。
キャンドルのつどいリハーサル
つどいの成功や自分の役割を果たすことを目標に係ごとに最終リハーサルや準備を行うことにより、目標と意欲をもって体験に取り組むことができます。
2日目
樹芸の森ハイキング
地図を頼りにグループでウォーキングコースを歩きゴールを目指すことにより、自然を大切にする心を養い、あきらめずにやり遂げる力を身に付けることができます。
キャンドルのつどい
自分たちで計画し自作のキャンドルを使って実施することにより、自分たちで計画・準備し主体的に物事に取り組む満足感を味わい、目標を持ってやり遂げる力を身につけることができます。
3日目
葉り絵工作
自然の素材を生かして自分がデザインした作品を作ることにより、目標を持って物事に取り組む力を養うことができます。