自然体験活動

どんな活動なの?

自分たちで材料を集め、形や大きさを工夫して、「ひみつきち・遊び場」をつくります。できあがったひみつきちを、隠れ家とするのもいいでしょう。またロープをつかって、アスレチックのような遊び場をつくり、手作りの遊びを体験します。

活動のしかたとコツ

ひみつきちづくり

「グループでつくりたい森のひみつきちを考えよう」(2時間)

できあがりの設計図を考え、必要な材料を考えよう。
用意する物・・・  かれき、ひも、木ぎれ、発泡スチ□一ル、材木、かづら、つる、竹、のこぎり、段ボール等

さあ!!組み立てだ カを合わせてがんばって

「森のひみつきちをつくろう」(半日)

自分たちでつくったひみつきちで遊ばう。
安全面に十分配慮しながらおこないましょう。
遊んだ感想を出し合いましょう。
遊び場づくり

「ロープをはって、遊び場をつくろう」(3時間)

地域の方を招いて、遊び場をつくろう。
用意する物・・・ ロープ、ひも、ベニヤ板など
例  木にロープをはって、ぶらんこ
ロープを2本の木にはって、つなわたり。
 
ロープをはりめぐらせて、くもの巣づくりなど

「遊び場であそぼう」(2時間)

つくった遊び場で遊びましょう。
安全面に十分配慮しながら、また遊ぶときのルールをきめて遊びましょう。

気をつけよう!

くぎやかなづち、のこぎりを使うときは、周りに十分に注意をはらいましょう。
森や遊び場については、下見をしておきましょう。

こんな方にお手伝い(指導)を頼んでみたらいいかも。

保護者
老人会