施設を利用した体験活動
草木をつかったクラフト

どんな活動なの?

森の働きについて自分たちで調べ、材料であるススキを集めます。集めたススキをたばね魔よけであるふくろうを作ります。

活用のしかたとコツ

用意するもの・・・ 穂が開いてないススキ30〜50本、剪定バサミ、ボンド、輪ゴム、はけ、色糸、顔料マーカー、両面テープ、セロテープ

 「森(里山)の重要性を学ぶ」(2時間)

・森(里山)の働きについて調べ、森や木の重要性を理解させる。

 「ススキの穂を採集する」(1時間)

・穂が開いてないススキを採集する


 「木の葉クラフトを制作する」(2時間)

@ 「頭を作る」
ススキをlO本程度束ね、穂先をっまんで球状をつくり輪ゴムで仮止めをする。頭の形を指で補正し、輪ゴム部分にセロテープでしつかり巻く。
A

「胴体を作る」

頭を軸にしてこれを包むように、ススキを20本程度添えていく。
巻き付けたススキの1/3程で穂先をやさしく茎まで曲げ、胸部を作る。
ススキの残り2/3を使い、胸部より少しふくらませるようにして翼を形作っていく。
頭部と同じように穂先を色糸で結ぶ。
B

「目やくちばしのパーツを作る」

黄色い紙を2つ折にして目とくちばしを切る。
マーカーペンで色づけし頭部に貼り付ける。
C

「仕上げ」

葉っぱの耳をつければふくろうになる。
最後に飛びだした穂や茎をハサミで取り除く。
ヒント 目玉に花を、<ちばしに葉っぱや茎を使ってもグッドよ!!
若いススキで作るとボリューム不足にみえますがしばらくするとモコニモコよ!!


気をつけよう!

ススキを採集するときは周りに十分に注意をはらい、けがしないようにしよう。
はさみヤけイフを使うときはけがに注意しよう。


こんな方にお手伝い(指導)を頼んでみたらいいかも。

施設ボランティア
クラフト愛好家
「英彦山青年の家」使用の場合