幼児の体験活動プログラム事例集について
 
 福岡県教育委員会では、平成17年度から3ヶ年計画で、幼児体験活動研究開発事業を実施しました。
 この事業は、地域社会における幼児の様々な体験活動の機会の充実を図るために、市町村、幼稚園・保育所のモデル的宿泊体験活動への助成・支援を通して、プログラムの研究開発を進め、幼児期における体験活動の普及・啓発を行うものです。
 平成19年度に実施したプログラム事例集をまとめましたのでご紹介します。

 
■表紙 
■はじめに
■1 幼児体験活動研究開発事業概要
 (1) 趣 旨
 (2) 事業内容
 (3) プログラム作成上の留意点 
 (4) その他
→こちらからダウンロード
 (5) 幼児体験活動研究開発事業構想図 
 (6) 幼児の体験活動地域実行委員会モデル助成事業実施一覧
■2 プログラム事例
 (1) タンポポ保育園わくわく体験事業
 (2) 砂山保育園ちびっこ自然調査隊事業
 (3) 馬田保育園のワクワク宿泊体験活動事業
 (4) 下広川保育園ふれあい宿泊体験活動事業
 (5) 「きんだいっ子」幼児体験活動研究開発事業 きんだいっ子、夏の大冒険
 (6) めざせ!大平ふれあい家族幼児体験事業
■3 活動内容の手引き
 (1) 自然を観察する
  @夜の自然を探検しよう
  A自然を調査しよう
 (2) 自然と遊ぶ
  @森に行こう、森で遊ぼう
  A虫とり探検をしよう
  B砂の芸術品をつくろう
 (3) 仲間と遊ぶ・自然と遊ぶ
  @みんな友だちになろう〜キャンプファイヤーを通して〜
 (4) 制作する
  @焼杉工作をしよう
  A草木染めをしよう
 (5) 食べ物をつくる
  @竹パン作り〜自分でお昼ごはんを作ろう〜
  Aカレーライスと野菜サラダをみんなで作る〜自分でできたよ〜
 (6) その他の活動
  @小学生と交流しよう〜小学生の出し物と川遊び、昔遊び〜
  A思い出発表会をしよう
■4 資料
 (1) 幼児の集団宿泊体験活動プログラムの企画から実施まで
 (2) 取り組みにおける成果と今後の課題
 (3) 平成19年度「幼児体験活動プログラム研究開発推進協議会」委員名簿


福岡県教育庁教育企画部社会教育課 社会教育班
                    TEL (092)643−3887