高住神社
高住神社【たかすみじんじゃ】(豊前坊)
豊前窟で霊験あらたかな靴として栄えたところで、堂社が次第に大きくなって社殿をもつようになりました。豊前坊は英彦山を扇見ることのできる山麓一帯の農村の人々から水分神の信仰を得て農耕、牛馬、火防ぎの神として庶民の信仰は現在でも厚い。