九州歴史資料館|Kyushu Historical Museum

発掘情報

大宰府史跡

特別史跡「大宰府跡」蔵司地区の、発掘調査成果の現地説明会を開催します!

 特別史跡大宰府跡・蔵司地区は、古代大宰府の財源を管理した役所(蔵司)が想定されており、官衙施設としては九州最大級の大型礎石建物が知られています。 九州歴史資料館では、平成21年度から蔵司地区の確認調査を開始し、平成26年度からは蔵司地区の主要施設の規模と構造、時期変遷等を明らかにするための重点調査を行っています。
 今年度は、大型礎石建物SB5000の東側の広い平坦地において、建物等の構造や配置などを確認するための調査を実施しています。 調査の結果、既に見つかっていた礎石建ちの倉庫2棟に加えて、 その東側にも複数の建物跡が新たに見つかりました
 今回の発見は、蔵司地区官衙の変遷や機能、あるいは大宰府全体の構造を考える上で、非常に貴重な成果と言えます。  今回は、この調査成果について、下記のとおり現地説明会を開催いたします。
日 時:平成29年10月29日(日) 13:30~15:00(少雨決行)
注 意:現地には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
※詳細は、以下のチラシをご覧ください


pdf 蔵司地区現地説明会チラシ ダウンロード(PDF:789KB)

特別史跡「大宰府跡」蔵司地区の発掘調査成果 現地説明会(平成29年06月18日)の様子より

平成29年6月18日(日)に、特別史跡「大宰府跡」蔵司(くらつかさ)地区官衙の現地説明会を開催し、約200名の参加者がありました。
 大宰府政庁の周辺には、大宰府を構成する様々な官衙(かんが=役所)があったと考えられており、政庁跡の西側の蔵司丘陵上には地名の「蔵司」から 財源管理を担った官衙が存在したと推定されています。九州歴史資料館では平成21年度から蔵司地区官衙の構造解明に向けた調査を実施しており、 平成25年度までは確認調査、平成26年度からは重点調査を実施しています。
 現在実施している調査では、規則的に並ぶ総柱構造の瓦葺き礎石建物2棟が見つかりました。いずれも高床式倉庫とみられ、8世紀代から10世紀代にかけての 倉庫群と考えられ、蔵司地区官衙の性格を考える上で、重要な発見といえます。

蔵司01 蔵司02 蔵司03
▲現地説明会の様子 ▲見つかった倉庫跡の解説 ▲大型礎石建物の解説
pdf 平成29年度 特別史跡「大宰府跡」蔵司地区官衙の調査成果 現地説明会資料
 ※ 調査途中の成果であるため、図や写真の転載はご遠慮ください。
ダウンロード(PDF:1.51MB)

平成28年度までに開催した蔵司地区の現地説明会資料は、以下からダウンロードできます。
なお、当時の資料をそのまま掲載しておりますので、その後の調査によって内容が若干変更になっていることもあります。
また、当時の調査途中の成果であるため、図や写真の転載はご遠慮ください。

pdf 平成28年度 特別史跡「大宰府跡」蔵司地区官衙 現地説明会資料 ダウンロード(PDF:1.33MB)
pdf 平成27年度 特別史跡「大宰府跡」蔵司地区官衙 現地説明会資料 ダウンロード(PDF:1.4MB)
pdf 平成26年度 特別史跡「大宰府跡」蔵司地区官衙 現地説明会資料 ダウンロード(PDF:1.3MB)
pdf 平成25年度 特別史跡「大宰府跡」蔵司地区官衙 現地説明会資料 ダウンロード(PDF:669KB)

その他の発掘調査

県内の発掘調査

 文化財調査室文化財調査班では、県内の大型開発事業に伴う事前の発掘調査を行っています。 こうした遺跡については発掘現場で現地説明会を開いたり、九州歴史資料館で年1回行っている企画展「発掘速報展」や「発掘調査報告会」で成果を お知らせしています。
これらの開催については、本ホームページでお知らせします。 また、調査を終了した遺跡については、順次発掘調査報告書を作成しています。 既刊の報告書は当館の図書閲覧室で閲覧できるほか、 こちらのリンク からダウンロードすることができます。 


鷹取ヒゲジロ遺跡(久留米市田主丸町所在)の発掘調査

 九州歴史資料館では、久留米・うきは工業用地造成事業に先立ち、平成29年2月より久留米市田主丸町大字鷹取に所在する鷹取ヒゲジロ遺跡の発掘調査を実施しています。 平成30年3月まで継続して調査する予定です。
 鷹取ヒゲジロ遺跡は、筑後川の支流で遺跡の北側を流れる巨瀬川が形成した自然堤防上に位置しており、遺跡の南側には雄大な耳納連山がそびえ立ちます。 これまでの調査では、多数のピット、土坑、弥生時代の溝、古墳時代初め頃の竪穴住居跡、中世頃の粘土採掘坑の可能性がある土坑群などが検出されています。粘土採掘坑とは、土器や瓦製作の材料となる粘土を採掘する目的で掘削された穴で、鷹取ヒゲジロ遺跡では多数が見つかっています。いずれもこの地域の歴史を示す重要な調査成果であり、今後も調査の進展による新たな発見が期待されます。

白山神社で開会あいさつ(町職員) 出土遺物について質問 町職員による石鍋製作跡の解説
▲溝から出土した土器 ▲竪穴住居跡 ▲粘土の採掘坑

「発掘速報展2015」「発掘速報展2016」の資料はこちらからダウンロードできます。

pdf 第36回企画展「発掘速報展2016」展示遺跡の紹介 ダウンロード(PDF:4.1MB)
pdf 第29回企画展「発掘速報展2015」みどころガイド ダウンロード(PDF:1079KB)
pdf 第29回企画展「発掘速報展2015」展示解説パネル集 ダウンロード(PDF:6243KB)
これまで開催した現地説明会の資料

平成21年度からこれまで実施した、発掘調査現地説明会の資料(PDF)がダウンロードできます。今後も随時追加していきます。

平成21年度 延永ヤヨミ園遺跡現地説明会資料(PDF:1,468KB)
平成21年度 西蒲池池淵遺跡平成21現地説明会資料(PDF:901KB)
平成22年度 延永ヤヨミ園遺跡現地説明会資料(PDF:953KB)
平成22年度 福原長者原遺跡現地説明会資料(PDF:1,117KB)
平成22年度 矢留堂ノ前現地説明会資料(PDF:1,036KB)
平成22年度 呰見大塚古墳現地説明会資料(PDF:1,677KB)
平成23年度 西蒲池池淵遺跡土器展示会資料(PDF:733KB)
平成24年度 福原長者原遺跡現地説明会資料(PDF:1,484KB)

携帯サイトについて

携帯電話をお持ちの方は、左のQRコードを携帯端末で読み取ることで、 携帯用のホームページをご覧いただくことができます。

COPYRIGHT © 2010 Kyushu Historical Museum ALL RIGHTS RESERVED.

掲載されている画像、文章等を許可なく複製・転載することを禁止します。
九州歴史資料館 〒838-0106 福岡県小郡市三沢5208-3 TEL:0942-75-9575 FAX:0942-75-7834