九州歴史資料館|Kyushu Historical Museum

九州歴史資料館の概要

~九州歴史資料館は、福岡県立の歴史系博物館です~

 九州は、日本の西端に位置して、大陸と向き合い、古くから対外交流の窓口としての役割を果たしてきました。 九州歴史資料館は、この九州の歴史とその特質を明らかにするために昭和48年(1973年)に開館し、平成22年に小郡市三沢に移転しました。 以来、大宰府史跡の発掘調査をはじめとして、多角的な調査や研究を進めています。展示室では、これまでの調査研究成果を反映する、貴重な文化財を公開してきました。
  当館がある小郡市は、多くの遺跡が所在し、館の建物は県指定史跡三沢遺跡に隣接しています。

九州歴史資料館空撮 発掘調査の様子 重要文化財 鬼瓦 大宰府跡出土 九州国立博物館所蔵
本館棟 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造、地上2階
一般収蔵庫 鉄骨造
敷地面積 約43,438m²
総延床面積 約9,475m²
建設費 約36億円(本館・一般収蔵庫)

施設の紹介

各部屋をクリックすると詳細をご覧いただけます。

施設見取り図

携帯サイトについて

携帯電話をお持ちの方は、左のQRコードを携帯端末で読み取ることで、 携帯用のホームページをご覧いただけます。

▲ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © 2010 Kyushu Historical Museum ALL RIGHTS RESERVED.

掲載されている画像、文章等を許可なく複製・転載することを禁止します。
九州歴史資料館 〒838-0106 福岡県小郡市三沢5208-3 TEL:0942-75-9575 FAX:0942-75-7834