トップ > 視聴覚教材を検索 > 検索結果一覧 > 詳細

視聴覚教材を検索

視聴覚情報 検索結果一覧

分類番号 D25032
題名 長崎の記憶 幻の原爆フィルムで歩く長崎(全10話)
対象 小学校、中学校、高等学校、少年、青年、成人
分類 社会、特別活動、家庭教育、地域社会生活
上映時間 37分
媒体 DVD
教材内容 【平和教育】1945年原爆が投下されて2か月。当時の日本映画社のフィルムには、治療を受ける人々や医師と看護師、焼き尽くされた建物、ガレキに埋まる町の様子が映し出されています。この作品は1946年「広島・長崎における原子爆弾の効果」という映画となり米軍の教材になりました。映された映像と現在の場所を対比し、当時の記憶を蘇らせます。1.浦上天主堂2.新興善救護所3.鎮西学院4.爆心地5.浦上刑務所6.城山国民学校7.三菱兵器製作所大橋工場8.長崎医科大学9.三菱長崎製鋼所10.交通機関【制作2009年】