視聴覚ライブラリー > 視聴覚教材を検索 > 検索結果一覧 > 詳細

視聴覚教材を検索

視聴覚情報 検索結果一覧

分類番号 D02009
題名 シリーズ映像でみる人権の歴史 8.ひとと皮革(かわ)の歴史
対象 小学校、中学校、高等学校、少年、青年、成人
分類 社会、道徳、特別活動、地域社会生活、人権・同和問題
上映時間 19分
媒体 DVD
教材内容 「ひと」は、動物の「いのち」と深く関わって生きてきた。ひとの歴史とは、他の「いのち」と深くつながる歴史である。ひとは、生き物の命を奪い、食べなければ生きていけない。しかし、米づくりが盛んになると、宗教の影響により、動物の命を奪うことを残酷、穢れているとする考えが日本に広まり始めた。肉の仕事などに関わる人を差別してきた背景には、こうした考えがあり、やがて、そこから部落差別が生まれた。それでも、動物の命が、人々の生活の周りから消えることはなかった。動物の肉や皮はもちろん、皮から作られる「ニカワ」は、筆、墨、家具、医薬品、武具から仏像の接着にいたるまで、人々の生活と密接に関わり、「ひと」の文化を発展させてきた。「死は穢れている」という差別につながる考え方さえも、ほかならぬニカワでできた墨の文字や絵の助けを借りて、社会へ広がっていった。この作品では、皮革製品の製造過程を取材した貴重な映像を通して、部落差別の愚かさや「いのち」の大切さを考えさせる教材とした。■肉食の禁止と皮革(かわ)にたずさわる人々への差別■見えない「にわか」と日本の文化【制作2020年】