■役割分担の例

役割 人数 内容
火の司 プログラム全体の司会進行をします
女神 メインキャンドルの入退場や火の守への分火を行います
火の長 つどいの責任者で迎火・送火の集いでの挨拶を行います
火の守 4〜8 分火したトーチをかかげ、誓いの言葉を述べます
献詩係 詩の朗読(1部・3部)、祈りの言葉を述べます
音響係 プログラムに合わせて音響・照明を担当します
会場係 10 会場・燭台の準備や後片付けを行います

■展開例

事前準備 ・燭台・ロウソク受け・ロウソク・衣装・使用機器の準備
・リハーサル等
※事前の準備時間を30分程度確保しておいてください。


第1部 迎火の集い (キャンドルの周りに集い、聖なる火を持つ火の神を迎え、中央の燭台に点火します。
                  聖なる火がともるロウソクを見つめながら、心に友情の火をともしましょう)

内容 流れ
全体入場 (女 神) 衣装を着替え、用意しておく
(全 員)  4列で入場し、火床を中心に円になる
集い開始の言葉 (火の司) 「ただいまより、○○学校キャンドルの集いを行います。
        女神が聖なる火を持って入場いたしますので静かに見つめてください。」
女神入場 (火の司) 「女神入場」
(女 神) 全員の輪を一周し、火の長の横につく
(火の司) 「火の長より集い開始の言葉をお願いします。」
火の長の言葉 (火の長) 「いまここに…」(資料1)
火の守へ分火 (火の司) 「女神より火の守へ分火を行います」「分火」
(女 神)  火の守へ一人ずつ分火してまわる
(火の守) 分火後、誓いの言葉を順番に言う
(火の守A)「私はこの火に・・・」(資料2)
中央の燭台に点火 (火の司) 「女神より火の守へ分火されました。引き続き祈りの言葉の朗読を聞きながら
       火の守によって中央の燭台に点火をお願いします」
祈りの言葉の朗読 (朗 読) 「最初のキャンドルに明かりがともされる時、こよいを・・・」(資料3)
(火の守) 朗読に合わせて一人ずつ順番に中央の燭台に点火
(朗 読) 「全てのキャンドルに明かりがともる時、みんなは・・」(資料3)
(女 神) 残りのキャンドルにすべて点火し、最後に燭台の最上部に自分のロウソクを置く
(朗 読) 「キャンドルは燃える・・・」(資料4)
1部エンディング (火の司) 「女神によって聖なる火が退場いたします。静かに見送りましょう」
       「女神退場。」
(全 員)  流れてくる曲を静かに聞く(知っていれば歌う あとはハミングで)
(女 神)  静かに退場


第2部  ゲーム・出し物(グループや班で楽しいゲームや出し物を行い、友情を深めましょう。)

第3部  送火の集い(集いの間自分達を照らし続けてくれた火に感謝し、
               今までの生活を振り返りながら聖なる火を送り出しましょう。)

内容 流れ
全員集合 (全 員) 燭台の周りに集合する
      流れてくる曲を静かに聞く
(火の長)燭台の前に出てくる
女神入場 (火の司)「ただいまより、第3部送火の集いに移ります」
(火の司)「まもなく女神が入場いたしますので静かにお待ちください」
(女 神) 入場し、そのまま中央の火の長の横につく
燭台の消火 (火の司)「女神の手によって中央の燭台の明かりをひとつずつ消してください」
(女 神) ロウソク受けの下部で燭台の明かりをひとつずつ消していく
      最上部のロウソクだけ消さずに、持っているロウソクへ火をつける
詩の朗読 (火の司)「女神の手によってすべての明かりが消されました。
       女神の持っている一筋の炎を見つめながら詩の朗読を静かに聞いてください」
(朗読) 「二度とない人生だから・・・」(資料5)
火の長の言葉 (火の司)「人は決して一人では生きられません。支えあい、寄り添いあってこそ生きられるのです。
       このキャンドルも、自分の身をすり減らしながら、私たちのために光を与えてくれました。
       あなたを愛する人を、そしてあなたを愛してくれる人を思い浮かべてごらんなさい。
       お父さん、お母さん、兄弟、友達、そして恋人・・・」

     (少し間をあけて)

(火の司)「最後に火の長より終わりの言葉をお願いします」
(火の長)「この研修を通じて・・・」(資料6)
女神退場 (火の司)「女神退場」
(女 神) 自分の火を持ったまま全員の周りをゆっくり一周して退場する
集い終了の言葉 (火の司) 「以上を持ちまして、○○学校キャンドルの集いを終わります。」
全体解散 (全 員) 解散
後片付け 用具の回収・返却
燭台を元に戻し、燭台や床に垂れたロウを清掃
終了の報告