ふくおか社会教育ネットワーク
社教センターマーク ここから 始まる 学びの輪  

www を検索 サイト内検索
福岡県立社会教育総合センター 
HOME 社会教育総合センターについて 事業について センターだより 学習・家庭教育相談 要 覧 メルマガ 過去の掲載
福岡県立社会教育総合センターは、少年自然の家を併設する、社会教育を総合的に推進する施設です。
体験活動について
いろいろな体験活動
  体験活動プログラム例
  クラフト価格一覧
利用について
利用のご案内
利用の手続き
利用申し込み書類
利用の手引き
使用料
宿泊室の空き状況
一日の流れ
健康と安全
よくある質問
施設について
センター配置図
館内見取り図
研修施設・設備
宿泊施設
駐車場
休所日案内
センター周辺スポット
食事について
レストラン「そよ風」
メニュー
野外炊飯メニュー
お弁当など
交通案内について
交通案内
   
 
センターだより
 線状降水帯の動きが特に気になる梅雨の時期が明けると、いよいよ夏本番を迎えます。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

 今年の夏の気温も、平年並みか平年より高い予報が出ており、暑くなりそうです。
 夏といえば、海や山や川へのレジャーが楽しみな時期です。それぞれのご家庭やグループ等でも楽しい計画をされているかと思いますが、事前の十分な安全管理と体調管理をお奨めします。特に、最近注意が必要なのが熱中症対策です。事故やけが、病気等になると楽しい計画も台無しになります。「備えあれば憂いなし」の精神で、今年の夏を元気に楽しく過ごしましょう。



 さて、皆様には、日頃から当社会教育総合センターをご利用・ご支援・ご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 今のところ、夏休み期間中も順調に利用のご予約をいただいておりますが、期日によっては、まだ受け入れが可能な日もあります。詳しくは当センターホームページの宿泊室の空き状況をご覧ください。スポーツ・芸術・文化活動、会議等の研修に、ぜひ当センターをご利用ください。
 宿泊を伴う利用の他、日帰り(1日)の利用も大歓迎です。

例えば… 
サッカーやゲートボールなどスポーツ活動の会場としての利用
バレーボールやレクリエーションなど室内スポーツの会場としての利用
講演会やシンポジウム会場としての利用
野外炊飯やオリエンテーリングなど野外活動の場としての利用 など

 様々な形での利用が可能です。ぜひご検討ください。

 また、当センターでは「鍛えよう!ほめよう!体験活動推進プロジェクト」として、様々な子どもたちのための体験活動推進事業を実施しています。

 今後の主な事業は下記のとおりです。皆様の参加をお待ちしています。併せて、主催事業のサポーター(ボランティア)も募集しています。お気軽にお問い合わせください。

※問い合わせ先: 092-947-3511(学習サポート室)


【平成30年度 「鍛えよう!ほめよう!体験活動推進プロジェクト」関連事業】


平成30年7月
福岡県立社会教育総合センター 参事兼学習サポート室長  朝比奈 昌二
◇事業案内
まちづくりに活かす合意形成力育成講座 平成30年 8月21日(火)
家庭教育支援者等基礎研修会 平成30年 8月 7日(火)
市町村社会教育委員新任者研修会 平成30年 7月11日(水)
社会教育・生涯学習関係者リーダーのための専門講座 平成30年 7月17日(火)
ふくおか社会教育応援隊 通年

事業案内
◇事業報告
16ミリ映写機操作技術講習 平成30年 6月 5日(火)

事業報告

 
利用団体の活動紹介
 篠栗町立北勢門小学校の「野外炊飯」の活動の様子をご紹介します。
利用団体の活動紹介

★社教の本棚☆ ~センターの資料室から~
  平成29年度 小学生をもつ保護者の子育てに関する調査 報告書
 当センターでは、福岡県における家庭教育の実態や課題を明らかにするため、昭和55年度から、幼児・小学生・中学生を持つ保護者を対象に、「保護者の養育態度・意識の実態調査」を実施し、時代とともに変化する保護者の養育態度・意識を比較してきました。
 本書では、過去の調査と経年比較しながら分析結果をまとめています。


発行日  平成30年3月
発 行  福岡県立社会教育総合センター
分類番号    01-01-カ-B-32-9


★おすすめ教材☆キラリ ~福岡県視聴覚ライブラリー~
 今回は平和教育に関する作品をご紹介します。

D29015 涙に浮かぶ記憶 戦争を次世代へ伝えて
   【28分】
 ある中学3年生の女の子が「戦争を次世代へ伝えて」という人権作文を書き、法務大臣賞を受賞したものを脚色し映像化した作品です。


D28038 つるにのって~とも子の冒険~
   【27分】
 小学6年生の元気な少女とも子は夏休みの課題「私の冒険」のため、広島の原爆資料館をひとりで訪れ、展示から被爆した人々の思いを追体験したとも子は原爆の恐ろしさに圧倒されます…。


  視聴覚ライブラリのページ こちら から


  市町村イベントカレンダー
  県内市町村のイベント情報は こちら から
   過去の掲載
|お問い合わせ|
福岡県立社会教育総合センター
〒811-2402 福岡県糟屋郡篠栗町大字金出3350-2  TEL092-947-3511  Email:mail@fsg.pref.fukuoka.jp